スマホの保護フィルムは必要?不必要?

iruka

保護フィルムって本当のところ、必要なものなんでしょうか?
こんなことを考えた人も少なくはないでしょう。
しかし、何も対策しないとたしかに傷はつくし、汚れもひどい。

スマホメーカーとして特にフィルムやコーティングは推奨していません。
メーカーが純正の画面に対策を施すにはコストの問題もあってやるとは考えにくいです。

スマホを選ぶ際、機種は機能やデザインで選ぶ方が多いでしょう。
多くの方ははっきりいってデザインでしょうし、他にはカメラ機能という声も聞こえます。

メーカとして画面の加工は売れ行きに対する影響があまり大きくないので、
画面保護は保護フィルムに任せているのが現状でしょう。

だから保護フィルムは結論として必要です


フィルムとコーティングのどちらがいいいのか?

これも多くの意見がありますね。
違いを考えてみましょう。

貼るのか、塗るのか?

貼るときのリスク、面倒さがあります。
塗れば簡単、塗るリスクはほとんどありません。

フィルムにもコーティングは各種機能で選ぶ

主なフィルム機能

指紋防止
光沢、非光沢
覗き見防止
傷防止
ホコリ防止

コーティングの主な機能

傷防止
視認性の向上
すべり、操作性の向上
ホコリ防止
指紋防止
電磁波防止

自分がほしい機能はなんでしょうか?

パワーコーティングの自慢

スマホのコーティングが少しづつ人気が出てきています。
コーティング剤としては、「フッ素コーティング」と「パワーコーティング」があります。

フッ素コーティングは傷防止、指紋防止、
そこに電磁波カットと傷防止の機能をアップさせた8H硬度がついたのがパワーコーティングです。

パワーコーティングは、
覗き見などの特殊機能はありませんが、画面保護、人体保護の観点では100点満点と自負しています。

まだパワーコーティングをしのぐ機能を持った商品はありません。
現在、敵なしコーティング剤となっています。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事









ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ