STAR WARS mobile SW001SHの保護フィルム 口コミ情報

(機種概要)

映画「スター・ウォーズ」の世界をそのままデザインされたユニークなスマホです。ソフトバンクの2016年モデルとしてシャープから発売されました。デザインは2種類で、それぞれ帝国軍バージョンと反乱軍バージョンという凝りようです。外観のデザインだけでなく、ライブ壁紙やインターフェイスもスター・ウォーズに登場する機器類の世界観がしっかりと再現されています。本当にスター・ウォーズの劇中に出てきそうです。

もちろんスマホとしての性能も十分で、シャープ製のAQUOSシリーズがベースとなっています。搭載OSはAndroid6.0なので2017年以降のアプリにもしっかり対応しています。

液晶にはシャープの伝家の宝刀、IGZOが採用されており、液晶の美しさと省電力性もバッチリです。そんな重要な液晶を保護するためのフィルムについては、デザインが特殊なスマホだけに専用となると数が少ないのですが、AQUOSシリーズのフィルムを流用することができます。

なお、これらのフィルムには共通して衝撃から守る性能はありますが、パワーコーティングのように電磁波をカットする性能まではありません。

 

(フィルム紹介)

・スター・ウォーズスマホ専用!能力的にもそん色のない保護フィルム

 

・流用可能な高度9H飛散防止、指紋防止性能が充実したAQUOS用保護フィルム

 

・保護フィルムとケースがセットになった世界観をしっかりと保つフィルムケースセット

 

 

○STAR WARS mobile SW001SHの口コミ

・ついに出た、スター・ウォーズスマホ。やっぱり自分は反乱軍仕様が好きです。

・単なるスキンを変えただけのスマホかと思ったら、UIもスター・ウォーズそのものでびっくりした。

・ちょっと価格が高いような・・・ライセンス料のせい?

・スター・ウォーズにばかり目がいくが、実はめっちゃ高性能。

・せっかくのスター・ウォーズなのでもっとディスプレイが大きくても良かった?

 

 

○STAR WARS mobile SW001SHの仕様

サイズ:149mm×73mm×7.6mm

重量:155g

搭載OS:Android 6.0

おサイフケータイ:NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能:静止画           2260万画素

動画:3840×2160

ディスプレイ:IGZO-TFT液晶(?式)

サイズ:約5.3インチ

ピクセル数:1920×1080ピクセル

解像度:約415ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996 2.2Ghz x 2・1.6Ghz x 2 GHz(4Core)

RAM:3GB

ストレージ:

(ROM)本体32GB

外部:2GB microSD、32GB microSDHC、256GB microSDXC

通信方式:プラチナバンド(14.0Mbps/5.7Mbps)、SoftBank 4G/4G LTE(VoLTE対応)(350.0Mbps/37.5Mbps)

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー放電容量:3000mAh

連続待受:約620時間(3G)、約585時間(GSM)、約545時間(LTE)

連続通話:約1790分(3G)、約800分(GSM)

iPhone7 Plusの保護フィルム 口コミ情報

ip7p

公式サイト http://www.apple.com/jp/iphone-7/?afid=p238%7CsEukx2jir-dc_mtid_18707vxu38484_pcrid_161195939253_&cid=aos-jp-kwgo-iphone–slid-

(機種概要)

iPhone6 Plusからのマイナーチェンジだという声もチラホラ聞こえてくるiPhone7 Plusですが、実際にはそんなことはありません。

むしろこれまでのiPhoneがたどってきた進化の中でもかなり大幅な進化を遂げたと言っても良いでしょう。

目に見える部分で大きな違いというと、やはり見逃せないのが防水性能です。

 

これまでのiPhoneシリーズにありそうでなかった防水性能が本格搭載されたことで、よりタフな場面での使用もしやすくなりました。

もうひとつ、目に見える部分では液晶ディスプレイの性能が向上しています。

広色域ディスプレイを採用することにより、色鮮やかな映像の再現が可能になっています。

CPUには64bitCPUであるA10 Fusionを採用。前バージョンがA9だったので、CPUもバージョンアップしています。

これだけメジャーなスマホだけに液晶保護フィルムにも事欠きませんが、そのいずれもパワーコーティングのようにスマホの健康問題でもある電磁波をカットする能力は持ち合わせていません。

 

(フィルム紹介)

・厚さ0.3mmで硬度9H、透過率98%の美しい保護フィルム

 

・指紋防止、飛散防止機能に優れた安全設計の保護フィルム

 

・厚さ0.26mmという驚異的な薄さを実現した高級保護フィルム

 

 

○iPhone7  Plusの口コミ

・背景ぼかし機能がプロっぽくて面白い。

・カメラの評価が高かったので使ってみたら、意外と普通だった(笑)

・デザインがいい。さすがアップル。

・防水なのはいいけど、ヘッドホンが使えないのって・・・

・本体が軽くなったというけど、違いがあまり分からない。

 

 

○iPhone7  Plusの仕様

サイズ:158mm×78mm×7.3mm

重量:188g

搭載OS:iOS10

ワンセグ:×

おサイフケータイ:FeliCa/NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能:静止画           1200万画素

動画:3840×2160

ディスプレイ:TFT液晶(IPS式)「Retina HDディスプレイ」

サイズ:約5.5インチ

ピクセル数:1920×1080ピクセル

解像度:約401ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Apple A10 64bit 2.3GHz(4Core)

RAM:3GB

ストレージ

本体:32GB、128GB、256GB

通信方式:

4G LTE/WiMAX 2+(VoLTE対応)(370.0Mbps/25.0Mbps)

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー放電容量:2900mAh

連続待受:約384時間(3G)

連続通話:約1260分

 

AQUOS CRYSTAL 2の保護フィルム 口コミ情報

機種概要

シャープのIGZOディスプレイ搭載、

ソフトバンクが買収したアメリカのスプリントと共同調達という形でリリースされたAQUOS CRYSTAL の後継機で、

2015年秋冬モデルとして発売されました。

 

見た目のインパクトが意外に強く、

触った感じもラバー仕上げになっているので使ってみた感じのインパクトも十分です。

前代のAQUOS CRYSTAL でもフレームレスデザインが好評だったこともあって、

AQUOS CRYSTAL 2でもフレームレス。このあたりはさすが液晶のシャープです。

 

コストダウンのためにスペックを敢えてあまり高くしていないことがパフォーマンスへの懸念になっていましたが、

実際に使ってみるとそこまでのストレスはなく必要十分というのがもっぱらの声です。

話題の新機種ということもあって、早くも多くの液晶保護フィルムが登場しています。

 

保護フィルム紹介

・さらさらタッチ、指紋防止付きで安い保護フィルム

 

・耐衝撃、指紋防止の堅牢な保護フィルム

 

硬度9H、旭硝子の光線通過率98%ガラスを使用した保護フィルム

 

AQUOS CRYSTAL 2の口コミ

・どうもカメラの性能が低いような気がするのは気のせい?他のスマホと比べられないだけに何とも言えない・・・

・国内向けスマホなのにストラップを付ける穴がない。

・フレームレスのデザインがカッコいいし、気にしていた誤操作が意外に少なくて使える。

・動画再生の美しさは、さすがシャープ。液晶事業を売ってしまうのはもったいない!

・ゲームをしているとバッテリーの持ちは1日程度。

 

○AQUOS CRYSTAL 2の仕様

サイズ:約 幅71×高さ136×厚さ11mm(突起部を除く)

重さ:約 153g

連続通話時間(静止時):4G LTE:約 760分/3G:約 810分/GSM:約 510分

連続待受時間(静止時):4G LTE:約 480時間/4G:約 460時間/3G:約 570時間/GSM:約 530時間

充電時間:約 150分

外部メモリ/推奨する最大容量:microSDXCメモリカード/最大128GB

プラットフォーム:Android™ 5.0搭載

CPU:MSM8926 1.2GHz(クアッドコア)

メモリ:ROM16GB

RAM:2GB

通信方式:

国内4G方式:FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)4G方式:AXGP(2.5GHz)3G方式:W-CDMA(900MHz/2.1GHz)

海外4G方式:FDD-LTE(1.7GHz/2.1GHz)3G方式:W-CDMA(900MHz/2.1GHz)GSM方式:(900MHz/1800MHz/1900MHz)

通信速度:SoftBank 4G:下り最大110Mbps/上り最大10Mbps SoftBank 4G LTE:下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps

 

xperia z3 保護フィルム口コミ評判 評価

xperia-z3

 

xperia z3 スペック

キャリア
ソフトバンク、ドコモ、au
機種名
xperia z3 401so(ソフトバンク)、Xperia Z3 SO-01G(ドコモ)、Xperia Z3 SOL26(au)
メーカー
ソニーモバイル
サイズ
幅×高さ×奥行き(mm)
W72×H146×D7.3
重量
152g/dd>
CPU
2.5GHz APQ8084クアッドコア
画面
5.2インチTFT 1080×1920
内部メモリー
ROM32GB RAM3G
カメラ
2070万画素 4K動画撮影
サブカメラ
220万画素
バッテリー容量(mAh)
3100
ワンセグ/フルセグ
両方あり
防水
IPX5/IPX8
おサイフケータイ
有り
赤外線通信
なし
VoLTE
可能
価格
定価6万9120円
ドコモ 新規0円 ソフトバンク 新規30720円 AU 新規32400円
MNP(のりかえ)
ドコモ 0円 ソフトバンク 0円 AU 10800円
機種変更
ドコモ 32400円 ソフトバンク 30720円  AU 32400円

Xperia Z3の保護フィルムは、さすがに人気機種だけに無数と言っていいくらいあります。
これじゃ正直、選べません。

主なニーズとしては、

  • 強化ガラス系
  • 極薄フィルム
  • 光沢
  • 覗き見防止
  • 防指紋
  • 気泡レス
  • スムースタッチ
  • 耐衝撃
  • 表裏面保護
  • ブルーライトカット
  • 非光沢

価格帯
安いもので800円〜、ガラス系だと4000円弱くらいが相場です。

 

Xperia Z3は全キャリアで扱っている商品なのでアクセサリーは豊富です。
色々あるのはあるのですが、フィルムの問題を解決できるものはまだないようです。

特に厚み、気泡の問題はなかなかクリアできません。