iPhone7 Plusの保護フィルム 口コミ情報

ip7p

公式サイト http://www.apple.com/jp/iphone-7/?afid=p238%7CsEukx2jir-dc_mtid_18707vxu38484_pcrid_161195939253_&cid=aos-jp-kwgo-iphone–slid-

(機種概要)

iPhone6 Plusからのマイナーチェンジだという声もチラホラ聞こえてくるiPhone7 Plusですが、実際にはそんなことはありません。

むしろこれまでのiPhoneがたどってきた進化の中でもかなり大幅な進化を遂げたと言っても良いでしょう。

目に見える部分で大きな違いというと、やはり見逃せないのが防水性能です。

 

これまでのiPhoneシリーズにありそうでなかった防水性能が本格搭載されたことで、よりタフな場面での使用もしやすくなりました。

もうひとつ、目に見える部分では液晶ディスプレイの性能が向上しています。

広色域ディスプレイを採用することにより、色鮮やかな映像の再現が可能になっています。

CPUには64bitCPUであるA10 Fusionを採用。前バージョンがA9だったので、CPUもバージョンアップしています。

これだけメジャーなスマホだけに液晶保護フィルムにも事欠きませんが、そのいずれもパワーコーティングのようにスマホの健康問題でもある電磁波をカットする能力は持ち合わせていません。

 

(フィルム紹介)

・厚さ0.3mmで硬度9H、透過率98%の美しい保護フィルム

 

・指紋防止、飛散防止機能に優れた安全設計の保護フィルム

 

・厚さ0.26mmという驚異的な薄さを実現した高級保護フィルム

 

 

○iPhone7  Plusの口コミ

・背景ぼかし機能がプロっぽくて面白い。

・カメラの評価が高かったので使ってみたら、意外と普通だった(笑)

・デザインがいい。さすがアップル。

・防水なのはいいけど、ヘッドホンが使えないのって・・・

・本体が軽くなったというけど、違いがあまり分からない。

 

 

○iPhone7  Plusの仕様

サイズ:158mm×78mm×7.3mm

重量:188g

搭載OS:iOS10

ワンセグ:×

おサイフケータイ:FeliCa/NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能:静止画           1200万画素

動画:3840×2160

ディスプレイ:TFT液晶(IPS式)「Retina HDディスプレイ」

サイズ:約5.5インチ

ピクセル数:1920×1080ピクセル

解像度:約401ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Apple A10 64bit 2.3GHz(4Core)

RAM:3GB

ストレージ

本体:32GB、128GB、256GB

通信方式:

4G LTE/WiMAX 2+(VoLTE対応)(370.0Mbps/25.0Mbps)

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー放電容量:2900mAh

連続待受:約384時間(3G)

連続通話:約1260分

 

iPhone7の保護フィルム 口コミ情報

iphone7

(機種概要)

2016年の9月、おそらく本年で最も注目度が高いと思われるスマホが発売になりました。それは、アップル社が誇る王者のiPhone7です。先代にあたるiPhone6シリーズと見た目の変化があまりないことから、それほど大きなバージョンアップではないという見方もあるようですが、中身を見るとかなり革新的なリニューアルであることが分かります。

防水機能が実装されたことが話題になっていますが、それよりも目を引くのがスペックの大幅な強化です。Apple A10という最新のCPUを搭載し、iPhone6と比べても倍程度の処理能力が実現しています。

また、動作していない時のバッテリー消費を抑える性能にも優れており、高性能でありながらバッテリーの持ちが良くなっているという「いいところ取り」です。

これだけ高性能なスマホだけに保護フィルムの装着は必須と言えます。すでに多くの商品がリリースされており選び放題の様相を呈していますが、パワーコーティングに見られるような電磁波をカットする機能はそもそも持ち合わせていないことを付け加えておきます。

 

(フィルム紹介)

・硬度9Hで厚さ0.33mm、日本製の定番保護フィルム

 

・指紋や油分などの汚れにつよいAFコーティングモデル

 

・390円にして強化ガラスを使用、しっかりと本体を守る保護フィルム

 

・198円という圧倒的な安さで硬度9Hを実現した保護フィルム

 

・iPhone7の全面を保護する高級保護フィルム

 

○iPhone7の口コミ

・今のアップルに期待されていることが全て盛り込まれているので、期待通り。

・インカメラの性能が上がっているので自撮りの品質が高くなった。

・ホームボタンの感触が新しくなっていて、慣れるのに時間がかかる。

・指紋認証がめちゃくちゃ早い。

・画面のキレイさが半端ない。写真を見ていると本物がそこにあるように見えるクオリティ。

・油分をはじくコーティングがしてあるらしく、指紋ベタベタにならない。

 

 

○iPhone7の仕様

サイズ:138mm×67mm×7.1mm

重量:138g

搭載OS:iOS10

ワンセグ:×

おサイフケータイ:FeliCa/NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能:静止画           1200万画素

動画:3840×2160

ディスプレイ:TFT液晶(IPS式)

サイズ:約4.7インチ

ピクセル数:1334×750ピクセル

解像度:約326ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Apple A10 64bit 2.3GHz(4Core)

RAM:2GB

ストレージ

(ROM):本体    32GB、64GB、256GB

外部:非対応

通信方式:

プラチナバンド(14.0Mbps/5.7Mbps)(速度は契約による)

SoftBank 4G/4G LTE(VoLTE対応)(262.5Mbps/37.5Mbps)(速度は契約による)

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー:放電容量       1960mAh

連続待受:約240時間(3G)

連続通話:約840分

 

iPhone SEの保護フィルム 口コミ情報

FireShot Screen Capture #251 - 'iPhone SE - Apple(日本)' - www_apple_com_jp_iphone-se__afid=p238IsyL4XGiyf-dc_mtid_18707vxu38484_pcrid_99198729261_&cid=aos-jp-kwgo-iphone-sli

機種概要

iPhoneシリーズの一員として2016年3月に登場した、iPhone SE。その直前に発売されたiPhone6シリーズとは一線を画し、小さめのボディや性能面でも廉価版という方向性を持つ機種で、価格もiPhone6より安く抑えられています。

外観や大きさはその前のシリーズであるiPhone5sに似ていますが、中身は最新のスペックとなっており、プロセッサや内蔵メモリ、カメラの画素数などがバージョンアップされています。iPhone5sのような外観でありながらiPhone6との間に位置するような機種です。

世界的にヒットしているiPhoneシリーズの一員だけに、液晶保護フィルムもさまざまなメーカーから多数発売されています。安いものから高いものまでさまざまですが、いわゆるコーティング剤ではないので、携帯電話で問題になっている電磁波をカットする性能はありません。

 

フィルム紹介

・硬度9Hでありながら超激安、198円の液晶保護フィルム

 

・厚さ0.33㎜で硬度9H、基本的な性能が揃った「1000円フィルム」

 

・iPhone5のフィルムを流用して、光沢と非光沢が選択可能

 

・厚さなんと0.15㎜でありながら硬度9Hを確保した高性能フィルム

 

 

○iPhone SEの口コミ

・iPhone5sと2台持ちをしていると、区別がつかない時がある(笑)

・課題のキャッシュメモリが改善されており、サクサク感がアップした

・本体の軽さがいい。スマホはどんどん高性能化しているが、この程度で十分だと思う。

・Androidから乗り換えると、大画面が当たり前になっているAndroidスマホより見劣りする。ただ、iPhoneにしかないアプリを使えるのはポイント高い。

・これまでのiPhoneと比べると、軽いのが良いと思います。

 

 

○iPhone SEの仕様

サイズ:124mm×59mm×7.6mm

重量:113g

搭載OS:iOS9

ワンセグ:×

おサイフケータイ:NFC

赤外線通信:×

防水対応:×

テザリング対応:○

カメラ性能:

静止画    1200万画素

動画       3840×2160

ディスプレイ:

TFT液晶(IPS式)

「Retina ディスプレイ」

サイズ    約4.0インチ

ピクセル数:1136×640ピクセル

解像度:約326ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Apple A9 64bit 1.8GHz(2Core)

RAM:2GB

ストレージ:

本体       16GB

外部       非対応

通信方式:

FOMAハイスピード(14.0Mbps/5.7Mbps)

Xi(VoLTE対応)(150.0Mbps/50.0Mbps)

無線LAN             IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー:

放電容量              1624mAh

連続待受              約240時間(3G)

連続通話              約840分

iPhone6sの保護フィルム 口コミ評判

6s

6s公式サイト(apple)

いよいよ発表された、Appleの最新スマホのiPhone6s。

これまでのiPhoneシリーズの流れを汲みつつも、全体的な操作性や処理能力、カメラ性能などが時代に合わせて強化されています。

「Appleらしいイノベーションがない」という声も聞かれますが、そこはやはり天下のiPhoneです。

世界的に普及しているiPhoneなので、当然ながら液晶保護フィルムのラインナップも世界トップクラス。

とにかくたくさんの種類が早くも発売されています。

価格帯のバリエーションがあまりにも多いのも、さすがiPhone。なんと77円からあります。

77円だからと言ってチャチなおもちゃのようなフィルムではなく、0.3mmの暑さで硬度9H、指紋防止機能までついているユニークな保護フィルムです。

他にも1000円以下で十分使用に耐える保護フィルムが揃っているので、逆に選ぶのが難しいのではないかと思うほどです。

ただし、これだけたくさんの保護フィルムがあっても、電磁波カット機能はないので、根本的にパワーコーティングとは別の発想で作られていることを付け加えておきます。

 

4.7インチ用0.3mm強化ガラスフィルム硬度9H

 

強化ガラス液晶保護フィルム硬度9H、透過性96%

日本製素材、0.2mm 硬度9Hラウンド処理、飛散防止処理済み保護フィルム

 

○iPhone6sの口コミ

iOS 9のアプリがパワーアップしているが、これはiPhone6sの性能を意識しているのが明らか。
液晶フィルムを貼ると3Dタッチの操作性が鈍くなる問題が、iPhone6sでは解決されている。
バッテリーの持ちが6では気になっていたが、6sでその問題はかなりマシになっている。

Appleに相当要望がいったのかな? ・相変わらずサイズが大きいので持っていると手から落としそうになる。

・さすがの6s、処理能力が大幅にアップしている。重そうなゲームアプリを動かしてもサクサク。

・本体価格が他のスマホと比べるとかなり高く感じるが、それだけのことはある。

 

○iPhone6sの仕様

大きさ 138.25×67.0×7.1mm

重さ 未定(129g以上)

CPU A9 トリプルコア 2.0GHz

RAM 2GB ROM 16・64・128GB

画面サイズ 4.7インチ

解像度 1920×1080ドット

カメラ 1200万画素/500万画素

カラー ゴールド・グレー・シルバー・ローズゴールド

その他 TouchID・ForceTouch

アップルウォッチ 保護フィルム 口コミ評判

Apple-Watch

ついにアップルウォッチが発売されます。

発売日は、4月24日。 発売日に先駆けてすでに保護フィルムやアクセサリーがリリースされています。

楽しみにされている方も多いアップルウォッチ、機能と保護フィルムをレポートします。

 

アップルウォッチの保護フィルム

ディスプレイ:Retinaデイスプレイ(サファイアクリスタルでラミネート)

 

【2枚入り】【Chorgle】Apple Watch 38mm 専用液晶保護フィル 高精細 高透明度 指紋防止 気泡ゼロ

こちらは光沢系のフィルム。

たしかに画面サイズ的に気泡の問題はおそらくなさそうです。ですが、画面が小さい分、やはりフィルムは少し目立つと思います。そこをどう捉えるかですね。

 

【2枚パック】【ACETECH】 Apple Watch 42mm 専用液晶保護フィルム 高精細度 高光沢フィルム

こちらは42mmの光沢系フィルム。

価格は安いので思わず手が出そうですが、実際に貼り付けた写真を見たいところです。

 

【ShineZone】Apple Watch 42mm 用 時計バンド 交換ベルト 腕時計ストラップ 本革 時計ベルト高級レザーベルト

こちらは保護フィルムではなく、交換用レザーベルト、ベルトも楽しめるところはウォッチ特有です。

今後はもっとバリエーションが広がるでしょうから、期待出来るパーツですね。

 

アップルウォッチの主な機能

デジタルクラウン

デジタルクラウンを回すことで一連の動作が可能です。

押し込むことでホーム画面を表示、ホーム画面中心のアイコンを拡大するとアプリを起動することが可能です。

時計アプリ

時計の文字も変更可能です。 画面を長押しすることでカスタマイズ画面が起動、左右へスワイプすることで10種類の文字盤を選択することができます。

文字盤テーマ:カラー

カスタマイズというボタンをタップすると、詳細画面へ移動できます。「カラー」はデジタルクラウンを上下に回すことで、文字盤の色を変更できます。

コンプリケーション

右側へスワイプすると、四方に個別のアプリを設置できます。 デジタルクラウンを回すことで「日付」と「月の位相」、「アクティビティ」など、さまざまなアプリを設定することができます。

グランス

時計の画面で下から上へスワイプすると、「グランス」という機能が使えます。 よく使うアプリが並び、左右で切り替えができ、サードパーティーアプリも確認できます。

アップルウォッチでのコミュニケーション

側面にある電源ボタンの長押しで、よく連絡する人物が表示されます。 デジタルクラウンで選択してタップすることで、電話、メッセージが利用できます。メッセージは電話宛て、メール宛ての選択も可能です。

タップ

指マークタップ、画面内をタップすることで相手に振動を送ることができます。アップルウォッチ特有の機能です。

スケッチ

画面に絵を描くことが可能です。送信もできます。 

ハートビート

指二本で画面を押し込み、裏の心拍センサーによって、自分の心拍数を可視化して相手に知らせることができます。

メッセージ

MMS、SMSを使ってのメッセージのやり取りも可能です。 デジタルクラウンを動かして、メッセージのやり取りをします。 しかし、文字は打てません。 音声は録音できるので音声の送信、他には絵文字でのやりとりとなります。

 

アップルウォッチまとめ

現段階でのアップルウォッチは、実用性というようりも遊び心を重要視した仕様かなと思います。

これだけの機能で価格は、4万円台。

これを高いと思うのか、安いと思うのか賛否は両論です。

パワーコーティングは、アップルウォッチにも適用可能かどうかは現在、検証中ですのでもうしばらくお待ち下さい。

 

 

iPhone6 フィルムより簡単、効果的と高い評判

複数の国で同時発売されたiPhone6、

どの国でも熱狂的なファンがいて高い支持を受けているようです。

iphone61

中国では発売されていないこともあり、人気のあまり密輸事件にも発展しています。

その価格、なんと定価の倍の値段でも購入するユーザーがおり、

中国ではiPhone6を持つことが一つのステータスにもなっているようです。

 

iPhone6はサイズがこれまでよりも少し大きめになりました。

そのため、フイルムの貼り方がさらに難しくなり、増々パワーコーティグの需要が高まる気配を見せています。

パワーコーティングはスマホの形状を問いません。

 

どんな機種にも対応できる柔軟性と機能性がパワーコーティングの最大の魅力です。

 

 

 

iPhone6 ついに予約受付開始!

iPhone6 ついに発売されます。

iphone6

Apple公式サイトより

 

これまでのiPhoneと何が変わったのでしょうか?

まずは大きさ、

大きくなって電池効率も上がったようです。

 

サイズは2種類

iPhone6の4.7インチとiPhone6 Plusの5.5インチが登場です。

 

そして、薄さ

これまでのiPhoneと比べ、最も薄い 6.9mmと7.1mmとなっています。

 

画面もさらにキレイに映るようになっているようです。

今まで以上に画面を保護したくなりますね。

画面とは関係ありませんが、個人的にはディスプレイのページの女性モデルが鼻ピー(鼻ピアス)なのが気にります。

http://www.apple.com/jp/iphone-6/display/

 

パワーコーティングでは、iPhone6の施工例も随時公開していきます。