アップルウォッチ 保護フィルム 口コミ評判

Apple-Watch

ついにアップルウォッチが発売されます。

発売日は、4月24日。 発売日に先駆けてすでに保護フィルムやアクセサリーがリリースされています。

楽しみにされている方も多いアップルウォッチ、機能と保護フィルムをレポートします。

 

アップルウォッチの保護フィルム

ディスプレイ:Retinaデイスプレイ(サファイアクリスタルでラミネート)

 

【2枚入り】【Chorgle】Apple Watch 38mm 専用液晶保護フィル 高精細 高透明度 指紋防止 気泡ゼロ

こちらは光沢系のフィルム。

たしかに画面サイズ的に気泡の問題はおそらくなさそうです。ですが、画面が小さい分、やはりフィルムは少し目立つと思います。そこをどう捉えるかですね。

 

【2枚パック】【ACETECH】 Apple Watch 42mm 専用液晶保護フィルム 高精細度 高光沢フィルム

こちらは42mmの光沢系フィルム。

価格は安いので思わず手が出そうですが、実際に貼り付けた写真を見たいところです。

 

【ShineZone】Apple Watch 42mm 用 時計バンド 交換ベルト 腕時計ストラップ 本革 時計ベルト高級レザーベルト

こちらは保護フィルムではなく、交換用レザーベルト、ベルトも楽しめるところはウォッチ特有です。

今後はもっとバリエーションが広がるでしょうから、期待出来るパーツですね。

 

アップルウォッチの主な機能

デジタルクラウン

デジタルクラウンを回すことで一連の動作が可能です。

押し込むことでホーム画面を表示、ホーム画面中心のアイコンを拡大するとアプリを起動することが可能です。

時計アプリ

時計の文字も変更可能です。 画面を長押しすることでカスタマイズ画面が起動、左右へスワイプすることで10種類の文字盤を選択することができます。

文字盤テーマ:カラー

カスタマイズというボタンをタップすると、詳細画面へ移動できます。「カラー」はデジタルクラウンを上下に回すことで、文字盤の色を変更できます。

コンプリケーション

右側へスワイプすると、四方に個別のアプリを設置できます。 デジタルクラウンを回すことで「日付」と「月の位相」、「アクティビティ」など、さまざまなアプリを設定することができます。

グランス

時計の画面で下から上へスワイプすると、「グランス」という機能が使えます。 よく使うアプリが並び、左右で切り替えができ、サードパーティーアプリも確認できます。

アップルウォッチでのコミュニケーション

側面にある電源ボタンの長押しで、よく連絡する人物が表示されます。 デジタルクラウンで選択してタップすることで、電話、メッセージが利用できます。メッセージは電話宛て、メール宛ての選択も可能です。

タップ

指マークタップ、画面内をタップすることで相手に振動を送ることができます。アップルウォッチ特有の機能です。

スケッチ

画面に絵を描くことが可能です。送信もできます。 

ハートビート

指二本で画面を押し込み、裏の心拍センサーによって、自分の心拍数を可視化して相手に知らせることができます。

メッセージ

MMS、SMSを使ってのメッセージのやり取りも可能です。 デジタルクラウンを動かして、メッセージのやり取りをします。 しかし、文字は打てません。 音声は録音できるので音声の送信、他には絵文字でのやりとりとなります。

 

アップルウォッチまとめ

現段階でのアップルウォッチは、実用性というようりも遊び心を重要視した仕様かなと思います。

これだけの機能で価格は、4万円台。

これを高いと思うのか、安いと思うのか賛否は両論です。

パワーコーティングは、アップルウォッチにも適用可能かどうかは現在、検証中ですのでもうしばらくお待ち下さい。