Galaxy Active neoの保護フィルム 口コミ情報

galaxy-active-neo

(機種概要)

高性能化が著しいスマホ界にあって、使いやすさやタフさに的を絞ったのがGalaxy Active neoです。Galaxyと言えばS7 noteの発火問題で飛行機に持ち込めないなどの問題が起きていますが、現段階でこのGalaxy Active neoにそうした問題は報告されていません。

スマホと言えば液晶画面に保護フィルムを貼るか、パワーコーティングによるコーティングを施すかなどの対策で液晶画面を守りますが、このGalaxy Active neoは液晶ディスプレイそのものが強化仕様になっているので、こうした対策をすると一層強さが確保されるタフなつくりが特徴です。

キャップレス防水やストラップを取り付けられる仕様など、海外製のスマホでは珍しい日本向け仕様が満載です。

特に防水性能はお風呂や海水でも大丈夫ということが実証されており、タフな環境で使う人に最適のスマホです。

液晶画面が強靭に作られているとは言え、携帯電話特有の電磁波をカットする機能はありません。そういった機能を持つのはパワーコーティングのみです。

 

(フィルム紹介)

・日本製素材による強化ガラス採用、ハイエンドな液晶保護フィルム

 

・反射防止フィルムを採用したソフトな仕上がりの保護フィルム

 

・Galaxy Active neo専用、3枚入りのオトクな保護フィルム

 

・光沢が美しいハードコート液晶保護フィルム

 

 

○Galaxy Active neoの口コミ

・電源ボタンが立体的な作りになっているので、ポケットに入れるとスイッチを押してしまうことがある。

・高価格帯スマホの廉価版というだけ。

・端末を机に置くとスピーカーがふさがれてしまい、音が聞こえにくくなる。

・ポケットに入れるのにちょうどいい大きさ。

・期待してなかっただけに動作もサクサクでいいんじゃない?

 

 

○Galaxy Active neoの仕様

サイズ:133mm×70mm×10.1mm

重量:154g

搭載OS:Android 5.1

ワンセグ:○

おサイフケータイ:FeliCa/NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能: 800万画素

ディスプレイ:TFT液晶(?式)

サイズ:約4.5インチ

ピクセル数:800×480ピクセル

解像度:約207ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz(4Core)

RAM:2GB

ストレージ:

(ROM)

本体       16GB

外部       2GB

microSD

32GB microSDHC

128GB microSDXC

通信方式:

FOMAハイスピード(14.0Mbps/5.7Mbps)

Xi(VoLTE対応)(150.0Mbps/50.0Mbps)

無線LAN:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.1

バッテリー放電容量:2200mAh

 

Galaxy S7 edgeの保護フィルム 口コミ情報

WARNING!!現在、問合せが殺到しています。

Galaxy S7 edgeをお買い求めのお客様より、
機種と通常フィルムとの相性が気になると、
パワーコーティングへの問い合わせが殺到しています。

・うまく貼れない
・すぐに剥がれる
・見た目が気になる
・ラウンドエッジの部分が守れない

などなど。

パワーコーティングの取り扱い店舗はこちら

機種概要

Androidスマホの中での機能や存在感で常に代表格となっている、Galaxyシリーズ。

Galaxy S7 edgeは、そのGalaxyシリーズの2016年春モデルです。

 

Galaxyシリーズが得意としているカメラ性能も健在で、

超高速オートフォーカスとF値1.7の明るいレンズが採用されており、本格的な撮影をこなします。

 

edgeシリーズは液晶画面の端が曲面になっていることで有名ですが、

このGalaxy S7 edgeも左右の両側が曲面になっていて操作性や視認性が高められています。

多機能であるがゆえにバッテリー消費が課題だったGalaxyでしたが、

Galaxy S7 edgeでは3600mAhもの大容量バッテリーを採用、

auのスマホでは最大となる容量で電池切れのリスクを軽減しています。

 

まだ新機種ということもあって専用の保護フィルムはあまり発売されていませんが、

人気必至の機種なので続々と登場すると思われます。

 

ただし、これらの保護フィルムはあくまでも傷がつかないようにするためのものなので、

パワーコーティングのように電磁波をカットするなどの性能はありません。

 

フィルム紹介

曲面ディスプレイを全面保護する専用保護フィルム

 

各主要スマホ共通、硬度9H&透過率99%の本格保護フィルム

 

Galaxyシリーズ対応、硬度9Hで飛散防止加工済みの保護フィルム

 

 

○Galaxy S7 edgeの口コミ

・さすがGalaxyという仕上がり。2016年のアンドロイドはこれで決まり。

・課題だったバッテリーの持ちが良くなっているので無双だと思う。

・ギャラクシーの曲面ディスプレイが気に入っているので、Edgeの後継機に期待していました。シンプルにうまくまとまったスマホだと思います。

・バッテリーの容量が大きくなったのはいいが、重い。

・カメラについてはXperiaのほうが上に感じる。

 

 

○Galaxy S7 edgeの仕様

サイズ:151mm×73mm×7.7mm

重量:158g

搭載OS:Android 6.0

ワンセグ:フルセグ

おサイフケータイ:FeliCa/NFC

赤外線通信:×

防水対応:○

テザリング対応:○

カメラ性能:

静止画    1220万画素

動画       3840×2160

ディスプレイ種類:有機EL

サイズ:約5.5インチ

ピクセル数:2560×1440ピクセル

解像度:約534ppi

縦横比:16:9

表示色数:1677万色

CPU:Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996 2.2Ghz x 2・1.6Ghz x 2 GHz(4Core)

RAM:4GB

ストレージ:

(ROM)

本体       32GB

外部       2GB microSD

32GB microSDHC

64GB・200GB microSDXC

通信方式:4G LTE/WiMAX 2+(VoLTE対応)(370.0Mbps/25.0Mbps)

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:4.2

バッテリー:放電容量       3600mAh

連続待受:約530時間(LTE)

連続通話:約1480分

ギャラクシーs6(Samsung Galaxy S6edge)の保護フィルム

ついにS6が発売されるようです。

そこで新機種対応のフィルムの調査を行って参りました。

 

先行販売の保護フィルム

発売元:Spigen(シュピゲン) 

製品名:「Galaxy S6 保護フィルム スクリーンプロテクター クリスタル」 価格 1290円

サイズはS5、S6と同じ5.1ですので、フィルムも同じものが使用できそうです。 

S5用のフィルムだとこのようなラインナップです。

 

Samsung galaxy S5強化ガラス液晶保護フィルム/保護シール/保護シート  価格 520円  

 

レイ・アウト GALAXY S5用 すべすべタッチ光沢指紋防止フィルム RT-GS5F/C1 595円

 

 

nuglas 最薄0.2mm ラウンドエッジ加工

日本産強化ガラス Samsung Galaxy S5用 液晶保護フィルム 価格 1520円

 

上記の商品レビューを見つけましたが、貼り付けが本当に大変そうです。 

http://kazpod.com/1399/

うまく貼り付けするにはそれなりのアイテムが必要で、そこにまた2000円と経費が余分にかかっています。 

フィルムの限界でしょうか。 

 

S6フィルムに関してわかったことは、

・まだ専用フィルムがほとんどない

・ S5用フィルムで対応可能である

・貼り付けがラウンドカットだけに難しい

 

S6エッジは片面だけでなく、両サイドのWエッジ仕様です。

これまで以上にフィルムが難しそうです。このような形状問題もコーティングなら解決できます。

 

パワーコーティングなら、

  • 傷の心配がない
  • 電磁波をカット
  • すべりよし
  • ピカピカの鏡面加工

ラウンドカット時代だけに是非ともパワーコーティングをお試しください。

 

機種について

ギャラクシーs6(Samsung Galaxy S6) 新情報が入り次第随時更新していきます。

発売は2つのタイプ、Samsung Galaxy S6とedgeになります。

スペック

画面:WQHD 2560×1440

プロセッサ:Exynos7420(Cortex-A53クアッドコア、Cortex-A57オクタコア)64bit or Qualcomm Snapdragon810

メモリ:3GB

内蔵ストレージ:32/64/128GB

背面カメラ:1600万or2000万画素

前面カメラ:500万画素

その他:GPS(Broadcom製BCM4773)

 

発売予定;2015年4月〜5月予定 もうすぐ待望のが発売です。待ち遠しいですね。

画面サイズは、約5.1インチで、s5と同じ大きさです。

GalaxyS6

docomo GALAXY Note Edge SC-01Gの保護フィルム 徹底検証

fire_vs

現在この機種の保護フィルムは、10種類程度発売されています。

機能は多種多様で、反射防止、指紋防止、光沢フィルム、ブルーライト低減、自己修復、衝撃吸収といったところです。

保護フィルムはどこにでも売っているいるし、入手が簡単で安いのが特徴といえます。


価格帯はおおよそ730円~1200円くらい。

GALAXY-EdgeSC-01G


剥がれやすい 側面のラウンドカット


この機種の一番の問題は、画面サイズが5.6インチという点です。

正面から右側面までカーブを描きボディーをおおう有機ELが特徴のスマートフォンなので

この機種にはフィルムを貼るのがとても難しいのです。


このカーブはiPhone6との共通点でもあり”側面のラウンドカット”といいます。

曲面になっているので、非常に剥がれやすく、

”剥がれやすいなら、貼らない”として端部をカットしていることが多いようです。


他の観点からも比較してみました。


徹底比較

1、指紋防止 引き分け

2、傷防止 POWERCOATING 8H

3、ブルーライト低減 なし

4、電磁波 POWERCOATING 安全性テスト結果あり

5、気泡(仕上がりの美しさ) POWERCOATING 気泡は全くなし

6、貼付けサイズ(仕上がりの美しさ) POWERCOATING サイズぴったりにコーティング

 


口コミ情報を整理してみると、サイズの問題が多く出てきました。

docomo GALAXY Note Edge SC-01G専用保護フィルムといっても、

実際の画面サイズよりやや小さいものが多いことが分かりました。

それから気になったのは、フィルムを貼ることで少し画面の感度が悪くなるとの意見が。

明確に証明されたわけではないのですが、あながちウソでもなさそうでした。


確かにフィルムを貼るという事は、フイルムの厚さの問題があります。

強度を保つため最低限の厚さは必要になりますからね。

今回紹介したのはdocomo GALAXY Note Edge SC-01の保護フィルムでした。

ラウンドカットという側面のカーブは、

今後のスマホ形状のトレンドでもあるので、POWERCOATINGが活躍できる機種はまだまだ出てくる予感です。^^