isai vividの保護フィルム 口コミ情報

isaivivid

 

種概要

LG電子のヒットシリーズ、isai。その最新機種となるのがisai vividです。
本革を使ったモデルがリリースされるなどの話題性もあって世界的にヒットとなっていますが、
isai vividが持つ本当の良さを体感できるのはやはり美しい液晶ディスプレイでしょう。

IPS Quantumディスプレイを採用、自然な色の再現性が飛躍的に高められています。

また、プライバシーを守る性能にも力が入れられていて、
アドレス帳や着信通知、受信メールの通知機能などを細かく設定することで情報の漏洩を防ぎます。
LINEのメッセージについても細かく設定できるところがイマドキです。

グローバルモデルのスマホなので、早くもたくさんの保護フィルムが発売されています。
強化ガラスを使ったものが大半で、価格帯も千円前後でこなれている感があります。

ただし、どれだけ強化ガラスを使ったとしてもスマホから発せられる電磁波をカットすることは物理的にできないので、
パワーコーティングとは根本的な発想は異なります。

 

フィルム紹介

・タッチのなめらかさとコストパフォーマンス重視の保護フィルム

 

・厚さ0.33mm、硬度9Hのフルスペック強化ガラス

 

・指紋防止性能に優れ、2枚セットでお得なパッケージ

 

isai vividの口コミ

・メモリーが追加できるという拡張性がユニーク。

・このスペックにして意外に安いので、格安スマホ以外なら現実味のある選択肢だと思う。

・ツムツムのゲームをやっていると処理落ちがある。やはりスペックに限界?

・噂通りカメラがかなり高性能。もうデジカメいらない。

・普通に使っていると、朝に100%だったバッテリーが半分くらいになる。だいたいこんなものか。

・ちょっとタッチパネルの反応が悪い気がする。

 

isai vividの仕様

サイズ(幅×高さ×厚さ):約76 × 150 × 10.3 mm(レザーブラウン/レザーブラック:約76 × 150 × 10.5 mm)

重量:約150g(レザーブラウン/レザーブラック:約151g)

連続通話時間(音声通話時/日本国内使用時):約1,300分

連続待受時間(日本国内使用時)

4G LTEエリア:約380時間

WiMAX 2+:約380時間

充電時間:約110分

電池容量:3,000mAh

電池パック取り外し:○

外部メモリ:推奨最大容量28GB microSDXC

内蔵メモリ容量 (ROM):32GB

内蔵メモリ容量 (RAM):3GB

アドレス帳登録件数:本体メモリの空容量に依存

ディスプレイ(画面)タイプ:AH-IPS液晶

ディスプレイ(画面)サイズ:約5.5インチ

ディスプレイ(画面)最大表示色:約1,677万色

ディスプレイ(画面)解像度:2,560×1,440(WQHD)

防水:○(IPX5/IPX7)

防塵:○(IP6X)

au ICカード:au Nano IC Card 04(VoLTE)

OS:Android5.1

CPU:MSM8992 1.8GHz デュアルコア + 1.4GHz クアッドコア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事









ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ