ZenFone 2 Laserの保護フィルム 口コミ情報

zen

Zenphone公式サイト

低価格SIMフリースマホの大本命として多くのMVMOキャリアで人気となっているASUSのZenFoneシリーズ。

ZenFoneシリーズの人気を決定的にしたZenFone 5の後継として登場、

2万円台という圧倒的な安さとコストパフォーマンスでシリーズの人気を不動のものとしています。

外見は先代であるZenFone 5をそのまま踏襲しつつも、格安スマホ端末でありながら高性能カメラを搭載しており、

またSIMカードスロットが2つ付いているというのも、国際的に使用するシーンの多いSIMフリースマホならではです。

 

事実上日本向けに発売された端末という色合いが強いものの、SIMフリーなので世界各国で利用可能なので、

液晶の保護フィルムも各国から価格、品質、使い勝手などさまざまなものが売られています。

国産ガラスを使用した厚さ0.33mm、硬度9Hという標準的な性能のものが千円台で購入可能なので、

格安端末のコストパフォーマンスを損ねずに保護フィルムを用意することができます。

ただし、液晶表面そのものを強化して電磁波をカットするというパワーコーティングとは発想が異なるため、価格の比較対象にはなりません。

 

国産ガラス採用、厚さ0.33mm、硬度9H、ラウンドエッジ加工保護フィルム

 

価格重視、厚さ0.26mmの高透過率タイプ

 

国産の旭硝子使用、ラウンドエッジ加工の保護フィルム

 

防気泡、防指紋性能に優れた光沢フィルム

 

 

○ASUS ZenFone 2 Laserの口コミ

・携帯性に優れており、丸みを帯びた形も手にフィットする。

・ATOKがプリインストールされているのは、この価格にしてはとても大きい。

・さすがにiPhone6と比べると処理能力に見劣りするが、これだけ価格差があったら当然のこと。十分我慢できる。

・1日使って半分も減らないので、バッテリーの持ちについての不満はない。

・ZenFoneに限ったことではないが、キャリアが販売しているわけではないので携帯ショップであれこれ相談したり聞けないのが唯一のネック?

 

 

○ASUS ZenFone 2 Laserの仕様

プラットフォーム:Android 5.0 (Lollipop)

本体カラー:ブラック/ホワイト/レッド

サイズ:143.7 ×71.5 ×3.5 mm ~ 10.5 mm

質量:145 g

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 410

メモリ:2GB LPDDR3 RAM

ストレージ機能:16GB eMCP

ネットワーク:無線LAN 802.11b/g/n、Bluetooth V4.0、microSIMスロット×2

対応無線規格:

3G :W-CDMA 800(6)/800(19)/850MHz(5)/900MHz(8)/1900MHz(2) /2100MHz(1)MHz

4G :FDD-LTE: (JP version)

2100MHz(1)/1800MHz(3)/850MHz(5)/800MHz(6)/900MHz(8)/1700MHz(9)/800MHz(18)/800MHz(19)/700MHz(28)

表示機能:5型, 1,280×720ドット(HD),TFT

インターフェース:

USBポート:microUSB×1

SIMカードスロット:microSIMスロット×2

カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード

オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

バッテリー機能:2400 mAh リチウムポリマーバッテリー

カメラ機能:前面 500 万画素、背面 1300 万画素

搭載センサー:加速度センサ/電子コンパス/近接センサ/光センサ/磁気センサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事









ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ